Blog "Happiness for All"

2017年8月10日

絶妙な緊張と弛緩

こんにちは。
アップワードコーチングの石井です。

しばらくお休みしていたブログですが、ホームページの一新と同時に再開しました。
私の大切にしている『Happiness』について、気ままに書いていこうと思います。
よろしくお付き合いください。

今回のタイトルは「絶妙な緊張と弛緩」。

前回、私にとっては羨ましい存在、「甘え上手さん」について書きました。
甘え上手さんは、誰からも可愛がられ組織のアイドル的存在でもあり、カッコイイ結果も出してしまいます。
羨ましい限り。

甘えすぎず、堅物すぎず、この程よいバランス感覚が絶妙なのですね。

よく高パフォーマンスを出すためには、緊張と弛緩が大事だと言われることがあります。
緊張しすぎるとガチガチになってしまい普段どおりの(練習時同様の)ようなパフォーマンスが発揮できない。
一方、緩みすぎていると弾け戻るだけの弾力もなく、ただひたすら眠っているかのごとくの状態になってしまいます。

絶妙な緊張と弛緩のバランスが整ってこそ、よいパフォーマンスを発揮できる元気で弾みのある状態をキープできるわけです。

組織の中に、高パフォーマンスを発揮できる準備が整った人はどれくらいいますか?
張りつめ過ぎていませんか?
伸びきってしまっていませんか?

自分にとっての絶妙な緊張と弛緩の状況とはどんな状態かを知っておき、いつでもその状態を作れるようにしていたいものです。
ちなみに私自身は結構な両極端タイプなので、程よいところで準備状態を作っておけるようにするのが、目下の課題でもあります。

このタイプは、人さまには緊張状態で突っ走っているところしか見えないので、いつも頑張っているように見えてしまうよう。
でも実は、弛緩時は人さまにお見せできないくらいユルユルだったりするのです。

ほどよく弾ける、心地いい人生を。

2017年8月10日

甘え上手は、愛され上手

こんにちは。
アップワードコーチングの石井です。

しばらくお休みしていたブログですが、ホームページの一新と同時に再開しました。
私の大切にしている『Happiness』について、気ままに書いていこうと思います。
よろしくお付き合いください。

今回のタイトルは「甘え上手は、愛され上手」。

私にとっては永遠のテーマでもあります。
ついつい頼っちゃいけない、自分で解決しなくちゃ、いい子でいなくちゃ、と肩ひじ張ってきた私には、甘え上手さんが羨ましくて仕方ありません。

あるとき知人が、東京に引っ越す後輩に言っていたことがとても印象的でした。
「何かあったら、必ず連絡しておいで!何があっても助けるから!」
と。
私もそんなこと、言われてみたい・・・。

確かに彼女はその後輩を随分可愛がっていました。
可愛がるには理由があります。
カワイイ理由があるのです。

その子はいつもニコニコ、上手に先輩を頼ってきます。
「教えて下さい」
「連れていってください」
「紹介してください」
決して依存ではなく、上手に甘えるのです。

先輩が仕方ないな、と思える甘え方です。
そして、甘えた後は、しっかりと結果を出すのです。

私はどちらかと言うと、頼るよりも頼られる方が多かったので、彼女の甘え方が羨ましいなと思うことが多々ありました。

では、何が違うと甘え上手になるのか?
おそらく、おそらくですが、多分、素直さが決定的に違うんでしょうね。

素直だから、すぐ聞ける。
素直だから、甘えられる。

素直でいることが恥ずかしいから、すぐ聞けない。
頼られキャラだから、甘えられない。

結局のところ、自分でそう演じているだけのことなんですよね。

人生折り返しも過ぎたことだし、少し楽に可愛く生きてみようと思う今日この頃です。
愛され上手は、甘え上手。
夢のテーマです。

2017年8月7日

幸せは連鎖する

こんにちは。
アップワードコーチングの石井です。

しばらくお休みしていたブログですが、ホームページの一新と同時に再開しました。
私の大切にしている『Happiness』について、気ままに書いていこうと思います。
よろしくお付き合いください。

初回のタイトルは「幸せは連鎖する」。

先日、担当している職業訓練生の女の子が、とても素敵なことを話してくれました。
ある赤ちゃんのお話です。
どうやらその赤ちゃんの初めての言葉は「ママ」でも「パパ」でもなく、「キレイ!」だったのだとか。
その後も、何を見ても「キレイ!」と言うらしい。
人を見ても、お花を見ても。
その赤ちゃんのことを知った彼女は、なんて素敵な赤ちゃんなんだろうと思ったそうです。
そんなに小さなころから、目に入るものを綺麗だと感じられる感性はスゴイと。
これから何十年と続く人生で、その子の思い出の中には綺麗なものがいっぱい溢れていくと。

確かにすごいなあ。
ママがいつも、「キレイだね」って声をかけていたのかな?
赤ちゃんにとって本当にキレイと思ったかどうかは別としても、そういう環境がないとその言葉は出ないのでは?と大人の感覚で冷静にそんなことを考えている自分もいました。

でも、その赤ちゃんに負けないほどきれいな心を持っているのは、その彼女そのものではないでしょうか?
キラキラした瞳でその赤ちゃんのことを話す彼女こそが、小さな幸せを十分に感じられ、その幸せを他者にもお裾分けできる人なのではないのかと。

まさに幸せの連鎖を実現している人だと思います。
幸せを感じられる人は、幸せの連鎖をもたらせてくれる。
いつもそんな風に思ってはいましたが、そんな子が目の前に現れた時の心の震えは言葉では表せないものがありました。
もちろん、教室中が幸せな気持ちで満ち溢れていました。

ひょっとしたら、幸せが連鎖するためには、溢れだすくらいの容量が必要なのかもしれませんね。
こぼれた分がお裾分け。

幸せ測定器なんてないけれど、18歳の彼女からたった3分で溢れだす幸せの連鎖を教わった瞬間でした。
今度は私がお裾分けの番です、ね。

お気軽にご相談ください

新着

カテゴリー